ものはためし

何事も実際にやってみなければわからない。いろんな物事をとにかく試します。

【TED】人生の目標を見失った時に効く動画

      2016/02/08

Pick up: TED「Talks to watch when you don’t know what to do with your life

一年の始まりであるこの時期は、自分がこれまで歩んできた道のりを振り返り、そしてこれからどうすべきか、自分がどうありたいのかをじっくり考えるのにいい機会です。

いつもどおり日々の暮らしを続けていると、その流れ作業の中に埋もれてしまって、自分が本当にやりたかったことを忘れてしまいそうになります。

そんな時にみるべきプレゼンテーションとして、スーパープレゼンテーションで有名なTEDが10個のプレゼンをリストアップしています。

その中でも、わたしが個人的にぐっと刺さった動画をピックアップしました。

死ぬまでにしたいこと

人はいつか死にます。もちろん、わたしも例外ではなく死んでしまいます。当たり前のことなんですが、日々の生活を送っていると、ほとんど気にしなくなります。だから、本当にやりたいことを先延ばしにしたりします。

死について考えることで、自分の夢を思い出したり、大切なものを取り戻しましょう。

天職が見つからない人がいるのはどうしてでしょう?

このプレゼンターと同じく、わたしも昔からいろんなことに興味を持って、それでいてどれも途中で投げ出してきました。

ひとつのことを追求する職人たちに憧れて、自分にもそんな天職が見つからないかな、と思いながらこれまで職を変えスキルを学び過ごしてきました。

だけど、それで良いんです。ひとつの道に突き進む人もいれば、さまざまな道を横断的に渡り歩く人もいる。人それぞれ。多芸多才であることはメリットも大きい。

アーティストになろう、今すぐに!

わたしは絵を描くことが好きで、子供の頃からずっと絵を描いてきました。

ですが大人になるにつれて、自意識が顔を出して自分の下手な絵を他人に見せるのが嫌になったり、絵なんて描いていても将来食っていけないぞ、という余計な考えが浮かんだりして、そのうち描かなくなりました。

だけど、やっぱり絵が好きなんですよね。

「何のために?」という悪魔の囁きは無視し、好きだから、やりたいから、というただそれだけの理由で、自分を表現する手段として純粋にアートに取り組んでいこうと思います。

心に刺さるポイントは人それぞれ

本文には、人生でなすべきことについて考えさせてくれるプレゼンが他にも7つ紹介されています。

達人たちのプレゼンテーションから勇気とモチベーションをもらって、この一年を最高のかたちでスタートさせましょう。

 - ライフ