ものはためし

何事も実際にやってみなければわからない。いろんな物事をとにかく試します。

二日酔い予防!わたしは薬に頼ってガンガン飲みます

   

お酒が好きな人にとって、できれば避けたいのが二日酔い。飲酒歴20年のわたしがたどり着いたのは「ヘパリーゼ」と「ハイチオールC」の最強コンボ。

クスリに頼ることにした

わたしはお酒が好きで、ついつい飲みすぎてしまいます。冷たい辛口の日本酒なんて水のように飲めちゃうのでヤバイですね。そして案の定、次の日には二日酔いで苦しむというパターンの繰り返し。

トマトを食べたら二日酔いになりにくいだとか、食事中にアルコールと同じくらいの水を飲むだとか、世の中にはいろいろなライフハックがあるようで。
そういった知識を仕入れるたび、次からはライフハックを実践して二日酔いとはおさらばだ、なんて思ったりもする。浅はかです。
ズボラなわたしがテクニックなんて気にして飲んでいられるわけがない。

だからそんなわたしでも続けられる二日酔い予防策として、薬に頼ることにしました。
二日酔いに効くと言われている薬や食べ物はいろいろとあります。しかし実際にわたしが試して、もっとも二日酔いにならなかったのはこの組み合わせ。

  1. 食前にヘパリーゼを飲む
  2. 食後にハイチオールCを飲む

これだけです。

飲む前と飲んだ後にクスリをきっちりキメることで、次の日がぜんぜん違うんですよ。
軽く飲んだ程度であれば、次の日にはまったくお酒が残りません。
これは明日大変なことになるぞ、と考えることもできないくらい酔っ払っていても、薬さえ飲んでおけば大丈夫。すこし頭が重いくらいですみます。

なんで二日酔いになるの?

二日酔いの原因はいくつかあって、代表的なのがアセトアルデヒドという物質によるもの。

体内に吸収されたアルコールは肝臓で分解されて、人体に有害なアセトアルデヒドと水に分解されます。アセトアルデヒドはそこからさらに分解されて、最終的には無害となります。

しかし吸収されたアルコールがあまりに多いと、アセトアルデヒドの分解が追いつきません。そのため残ってしまったアセトアルデヒドが悪さをして、二日酔いとなるんですね。

ヘパリーゼはヘイストだ

「ヘパリーゼ」は川平慈英が主演しているテレビCMで有名。年末年始や歓送迎会の時期はどの番組を見てもCMが流れているような気がします。
肝臓の働きをたすけて、アルコールやアセトアルデヒドの分解を早めてくれるそうで。

ハイチオールCは美白だけじゃない

「ハイチオールC」もCMでよく見かけますよね。でもCMだとシミ・そばかす対策しかアピールしていないので、それだけの薬というイメージを持っている方が多いでしょう。
しかし、「ハイチオールC」は二日酔いに効くんです。実際に薬の効果効能の箇所に「二日酔い」としっかり書かれています。
主要な成分の「L-システイン」がアセトアルデヒドの生成を防いだり、分解を助けたりするんだそうです。

対策し忘れても大丈夫!

「ヘパリーゼ」や「ハイチオールC」は二日酔いになったあとでも効果があるんです。回復するスピードが早まるんですね。
誰でも付き合いでいきなり飲まされる時がありますし、その日の体調なんかで思いのほか酔いが回ったりすることがあります。
わたしのようにお酒が大好きという人でなくても、二日酔いに効く薬は常備しておいて損はないですよ。

※ 薬の効果には個人差があります。上記はあくまでわたしに効果があったという報告です。
※ 薬の服用は自己責任でお願いします。

 - ライフ